障がい者スポーツと国際協力の課題

- 東南アジア地域を中心に -

日本財団パラリンピックサポートセンター・上智大学 共催シンポジウム
 
 

 近年、障がい者スポーツに対する支援の重要性が国内外で認識されつつある。2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック大会を契機として、日本が官民を挙げて途上国の障がい者スポーツに対する支援を実施することは、日本の援助政策における障がい者支援の一つの柱の確立という長期的なレガシーを残すことにつながるであろう。

車いすバスケ

本シンポジウムでは、特に日本と密接な関係を持ち、日本からの支援の期待も大きいASEAN諸国の障がい者スポーツの発展の実態とニーズの把握を通じて、途上国の障がい者スポーツ支援に対する認識を共有し、今後の支援のあり方について議論する。

 

【日 時】10月20日(金)15:30~18:30(受付開始15:00)

【会 場】上智大学四谷キャンパス 2号館17階 国際会議場 MAP

【対 象】上智大学学生・教職員・卒業生・一般の方

【定 員】200名(入場無料/要事前申込)

【言 語】日本語・英語(日英同時通訳あり)

 

【主 催】日本財団パラリンピックサポートセンター

【共 催】上智大学 ソフィア・オリンピック・パラリンピック・プロジェクト

【後 援】公益財団法人日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会、The Japan Times、スポーツ・フォー・トゥモロー認定事業

 

申込ボタン

・必要事項を記入の上、お申し込みください。
・入退場時の移動および情報サポートをご希望の方は、
お申込みの際にお申し出ください。

  

【お問い合わせ】

 上智大学学生センター

 電話)03-3238-3525

 e-mail) sopp_volunteer[@]cl.sophia.ac.jp

 

 ※ご案内チラシ ⇒こちら (PDF) 

-プログラム-

15:30  開会の挨拶
   小倉 和夫(日本財団パラリンピックサポートセンター理事長)


15:35  基調講演
「スポーツを通じた国際協力の意義-SPORT FOR TOMORROWの推進から」
     藤江 陽子(スポーツ庁)

 

15:55  第1セッション アジアにおける障がい者スポーツ
「アジアにおけるパラリンピックムーブメントの促進と将来像」
     水野 正幸(日本パラリンピック委員会)

「マレーシアにおける障がい者スポーツの発展とビジョン」
     セリーナ・コー(マラヤ大学 マレーシア)

「タイにおける障がい者スポーツの発展と周辺諸国との協力」
      コラコット・チャラコーン(プラモンクットクラオ病院 タイ)

「ベトナムにおける障がい者スポーツの現状と課題」
      ホー・タィン・ミー(ベトナムパラリンピック協会)

16:55 休憩


17:05  第2セッション 障がい者スポーツを通じた国際協力
「JICA「スポーツと開発」の取組み」
      実川 幸司(国際協力機構(JICA))

「開発プログラムにおけるインクルーシブスポーツの効果的な推進 ~ 太平洋におけるオーストラリア政府の取組みから」
      アレクサンドラ・ディバイン(グローバルヘルス・ノサル研究所 オーストラリア)


17:35 第3セッション 総合討議
   モデレーター:師岡 文男(上智大学)
   パネリスト:第1、第2セッション登壇者


18:25 閉会の挨拶

    ※スピーカーは都合により変更になることがあります

TOKYO2020 応援プログラム

登壇者プロフィール(登壇順)

藤江 陽子

(Yoko FUJIE)
スポーツ庁審議官。早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了。88年文部省入省。スポーツ・青少年局学校健康教育課健康教育企画室長、大臣官房審議官等を経て、現職。

水野 正幸

(Masayuki MIZUNO)
(公財)日本障がい者スポーツ協会理事・日本パラリンピック委員会副委員長、三菱商事株式会社顧問。74年三菱商事入社。2014年よりアジアパラリンピック委員会副会長。

 

 セリーナ・コー(Selina KHOO)
マレーシア・マラヤ大学スポーツセンター准教授。専門は、スポーツ社会学、女性および障がい者のためのスポーツ。


コラコット・チャラコーン

(Korakot HARAKORN)
タイ・プラモンクットクラオ病院整形外科医。タイパラリンピック委員会メディカルスタッフ。2015 年第8 回ASEAN パラゲームズにメディカルスタッフとして参加。

ホー・タィン・ミー

(HO Thanh My)
ベトナムパラリンピック協会オフィスマネージャー、ベトナムスポーツ局にて障がい者スポー
ツ担当。

 

実川 幸司

(Koji JITSUKAWA)
JICA青年海外協力隊事務局海外業務第二課課長。97年JICA入構。3
度の海外勤務(南アフリカ共和国、米国、ケニア)を経験。現在「スポーツと開発」の事業に携わる。

 


アレクサンドラ・ディバイン
(Alexandra DEVINE)
オーストラリア・グローバルヘルス・ノサル研究所上席調査官。太平洋地域での開発とスポーツ等を研究している。

 

師岡 文男

(Fumio MOROOKA)
上智大学文学部教授。現在ソフィア・オリンピック・パラリンピック・プロジェクト企画部会長。元スペシャルオリンピックス日本理事、IPCも加盟する国際スポーツ団体連合SportAccord元理事。