【講演会】コカ・コーラとオリンピックの歩み

何故1928年からオリンピックをサポートし続けるのか?また、その戦略とは?

国際メガスポーツイベントに、広告代理店の立場、主催者である国際競技組織の立場、さらにイベントスポンサーの3つの立場からスポーツマーケティングに関わってきた、本学OB渡邉和史氏の講演会です。
将来スポーツマーケティングに関わるキャリアを考えている学生はもちろん。

オリンピックに関心がある方など、ぜひご参加ください!

【日 時】7月12日(金) 5時限目(17:20~19:00)

【会 場】四谷キャンパス 6号館1階 101教室

【対 象】本学学生、教職員

    (事前申込不要/入場無料)

【定 員】700名(先着順)

 ※ご案内チラシ ⇒こち (PDF)

 

【登壇者】

 

渡邉 和史 氏(97年上智大学比較文化学部卒)
日本コカ・コーラ株式会社
東京2020 オリンピック
オリンピック&エクスペリエンシャルマーケティング
統括部長


1974年生まれ、カリフォルニア州サンディエゴ出身。
高校卒業までアメリカと日本を行き来し、上智大学へ入学。

卒業後、博報堂に入社。南米のサッカーの大会のマーケティングを代理店の立場として従事。2002年のFIFAワールドカップはFIFAマーケティングに在籍し、連盟側としてスポーツコンテンツを体験する。
2011年からは日本コカ・コーラにてスポンサー側としてFIFA・オリンピック・選手契約等の部署を統括し、全立場からスポーツマーケティングを把握している存在である。

チーム コカ・コーラ 東京2020公式サイトへのリンクボタン
チーム コカ・コーラ 東京2020公式サイト

【主 催】上智大学経済学部

【後 援】上智学院 ソフィア オリンピック・パラリンピック プロジェクト

 

【お問い合わせ】

 上智大学経済学部事務室

 f-econom[at]sophia.ac.jp