2016年度公開学習講座「オリ・パラ、ラグビー、マスターズ支援基礎教養講座」

コーディネーターの師岡教授
コーディネーターの師岡教授

学外者向けの講座も開催

 
 プロジェクトの学外向け施策の一環として、「オリ・パラ、ラグビー、マスターズ支援基礎教養講座」を上智大学公開講座2016年度秋期教養・実務講座(社会)で開講しました。

 講座のサブタイトルは「2019~2021の国際メガスポーツイベント支援希望者のための基礎知識学習」として、2019年から3年連続日本で開催される4つの国際メガスポーツイベント(ラグビーワールドカップ2019、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会、関西ワールドマスターズゲームズ2021)の支援活動に関わりたい、何かしたい!という意欲のある方々を対象としました。

様々な方に受講頂きました

 受講者は、小中高・大学教員、マスコミ、オリパラ関連企業社員、組織委員会職員、都庁職員、日本スポーツ振興センター職員、NPO団体スタッフ、卒業生、学生など10代から70代まで計60名でした。
大会組織委員会関係者・関係官庁職員・パラリンピック研究者やボランティア・通訳・メディア・オリンピックムーブメントなどの専門家など毎回異なる講師を招き、10回の授業は多角的なアプローチで盛り沢山の内容になりました。夜間講座なので仕事帰りの方も参加しやすかったようです。


2017年度は5月8日から全6回で開講予定です。詳細・お申し込みは⇒ こちら

上智大学公開講座2016年度秋期教養・実務講座(社会)
「オリ・パラ、ラグビー、マスターズ支援基礎教養講座」
―2019~2021の国際メガスポーツイベント支援希望者のための基礎知識学習―

 開講日時:2016年11月7日~2017年1月30日

      毎週月曜日 19:00~20:30
 会  場:上智大学四ツ谷キャンパス

 受 講 料 :10回 27,000円

 内  容:
 3年後の2019年から3年連続日本で開催される4つの国際メガスポーツイベントの支援活動に関わりたい方が身につけておくべき基礎知識を、大会組織委員会関係者・関係官庁職員・パラリンピック研究者やボランティア・通訳・メディア・オリンピックムーブメントなどの専門家から学びます。

〇コーディネーター:師岡文男

(上智大学保健体育研究室教授・JOC総務委員・ラグビーワールドカップ2019組織委員会顧問・関西ワールドマスターズゲームズ2021組織委員会委員・国際ワールドゲームズ協会理事・SportAccord元理事)

 

〇各回のテーマと講師
1.11/07 国際スポーツ界と国際メガスポーツイベントが日本にもたらすもの
   師岡文男

2.11/14 東京オリンピック・パラリンピック競技大会アクション&レガシープラン
   中村英正(東京オリ・パラ競技大会組織委員会企画財務局長兼CFO)
3.11/21  Tokyo 2020年を地域にどう活かすか
   羽生雄一郎(内閣官房東京オリ・パラ推進本部事務局参事官)
4.11/28  東京パラリンピック競技大会が日本に残すべきレガシー
   中島裕子 (日本財団パラリンピックサポートセンター パラリンピック研究会主任研究員)
5.12/05 ラグビーワールドカップ開催計画と準備状況
   西阪 昇 (ラグビーワールドカップ2019組織委員会事務総長代理)
6.12/12  関西ワールドマスターズゲームズ2021開催計画と準備状況
   東 直也(関西ワールドマスターズゲームズ2021組織委員会企画調整部長) 
7.12/19  ボランティア育成の実際
   二宮雅也(日本ボランティアネットワーク理事、文教大学准教授)
8.01/16  国際スポーツ大会と外国語
   新崎隆子(同時通訳者・NHK放送通訳者、東京外国語大学大学院講師)
9.01/23  国際スポーツ大会とメディア
    竹内 浩(IOCプレス委員、国際スポーツ記者協会理事、日本オリンピック委員会理事) 
10.01/30  総合討論:我々は4つの国際メガイベントから何を得るか?
   師岡文男


第2回 中村英正CFO
第2回 中村英正CFO
第3回 羽生雄一郎参事官
第3回 羽生雄一郎参事官
第5回 西阪昇事務総長代理
第5回 西阪昇事務総長代理

第7回 二宮雅也理事
第7回 二宮雅也理事
第9回 竹内浩理事
第9回 竹内浩理事