「ユニバーサルマナーアワード2017」

部門賞(イノベーション部門)受賞

本学の幅広い多様性の推進が評価されました

 

「ユニバーサルマナーアワード2017」は、「ユニバーサルマナー検定」などを運営する日本ユニバーサルマナー協会により2017年に初めて開催されました。

誰もが暮らしやすい社会の創造・提案に向けて、独創性のあるユニークな取り組みを積極的に行っている企業・自治体・教育機関を表彰し、共生社会の実現のための普及や取組みの活発化を図ることを目的としています。


本学は、「実効性」・「革新性」・「継続性」・「波及性」の4つの観点から、ユニバーサルマナーや障害者スポーツ普及、LGBTなどに関する研修や講演会、さらには学内ハラルフード専用食堂の開設など、幅広い多様性を推進する一連の取り組みが評価され、「部門賞(イノベーション)」を受賞しました! 

ユニバーサルマナーアワード2017とは?

 

一般社団法人日本ユニバーサルマナー協会により、高齢者や障がい者など多様な人の視点に立ち、心地よい取り組みを推進している企業・団体の取り組みを募り、優れた事例を多くの方に知っていただくことが、すべての人が安心して笑顔になれる社会の実現につながるとの考えのもと、今年から開催されたものです。

42の企業・団体から寄せられた事例を「革新性」「継続性」「波及性」「実効性」の観点から審査し、すべての観点を一定の基準で満たしている本学を含めた19の企業・団体が選出されました。


  http://award.universal-manners.jp/award2017
 
 〇上智大学のニュースリリース
 https://www.sophia.ac.jp/jpn/news/PR/2017/0922001.html
 
 〇学校法人上智学院ダイバーシティ推進室
  http://danjokyodo-sophia.jp/