経済学部主催講演会「コカ・コーラとオリンピックの歩み」

7月12日に講演会「コカ・コーラとオリンピックの歩み」を6号館101教室で開催しました。

(主催:上智大学経済学部 後援:ソフィア  オリンピック・パラリンピック プロジェクト)

講演者は日本コカ・コーラ株式会社オリンピック&エクスペリエンシャルマーケティング統括部長の渡邉和史氏(97年本学比較文化学部卒)。


講演で渡邉氏は、

「学生自身がこれからどういうキャリアを積んでいくのか」

「どうしてコカ・コーラ社が楽しい会社なのか」

「コカ・コーラのコマーシャルの背景」

「コカ・コーラとオリンピック」 の4つの観点から話を進められました。

はじめに自分自身の原体験として、高校卒業までアメリカと日本を行き来し生活する中で、日本がステレオタイプで見られていることを痛感したエピソードを話し、「日本や日本文化を正確に発信したい」との考えを持ったと語りました。

そして自分の進路を決める上で、このようなライフコンセプトを明確にすることの重要性を強調し、自身のキャリアの変遷と共にお話しされました。
次はスポンサーシップの本質についての話。

企業がスポーツや文化事業などを支援する場合、そのスポンサーシップには必ず目的があると強調。それは、企業のブランドイメージやメッセージをきちんと伝えることで、「人々の共感を得て自社製品を手にしてもらうことだ」と話されました。

コカ・コーラ社とオリンピックの関わりについては、1928年のアムステルダム大会からパートナーシップが始まり、90年以上に及ぶことを紹介。

オリンピックによってコカ・コーラのブランドと販売が全世界に広がったことを解説されました。

また、2012年のロンドン大会では1300万本のペットボトルを回収するキャンペーンを行い、オリンピックのレガシーとしてイギリス社会にリサイクル文化を定着させたことを紹介しました。

最後に、1992年のバルセロナ大会から数えて12回目となる聖火リレーのパートナーとしての活動を説明し、47都道府県を121日間でつなぐ聖火リレーに参加してほしいと呼びかけました。
参加学生からは、

「誰もが知る商品の裏側で、非常に緻密で多角的な分析を行っていることに凄みを感じた」

「自分のやりたいことや強みを磨く重要性に気づかされた。将来のキャリアや働き方について考えるきっかけになった」

といった感想が寄せられました。